名古屋の住宅診断ならHIあすなろ事務所

2件目診断0円! [ 対応エリア ] 愛知県・岐⾩県・三重県・⻑野県

0120-959-668

平 日/9:00~18:00(水曜休)
土日祝/10:00~17:00

お申し込み お問い合わせ

家づくりの前に知っ得情報!

築20年超の戸建住宅や築25年超のマンションで住宅ローン減税を受ける方法

家づくりの前に知っ得情報!

ケーススタディ① 既存住宅売買瑕疵保険に加入した場合

※上記ケースの場合、住宅ローン減税が受けられ、又保証期間内に雨漏り等で損害が発生した場合、損害額は保険で賄えるメリットがあります。

ケーススタディ② 既存住宅売買瑕疵保険に加入しなかった場合

※上記ケースの場合、住宅ローン減税が受けられないほか保証も無いため、建物に被害が発生した場合、自己負担で修理補修しなければならなくなるデメリットがあります。

ケーススタデイ①・②の注意点

※住宅ローン減税・・・個人間売買の中古住宅購入の場合、入居したその年から10年間で最大200万円の控除が受けられます。住宅ローンの年末の借入額(上限2,000万円)のうち1%が所得税から控除される。

※住宅ローン減税の額は、年収、扶養家族、借入金額、ローン金利、返済年数などで変わってきます。住宅ローン減税額のシュミレーションは こちら から

※一戸建ての場合、築20年を超える住宅、マンションの場合は、築25年を超えるマンションで瑕疵保険に加入すると住宅ローン減税が受けられます。

※上図の保険加入諸費用は、検査料:65,000円、保証料:86,000円(戸建て住宅:保険期間 1年、保証金額 500万円)のケースで記載しています。その他の保証パターンは こちら から

※検査に不合格の場合、別途不適合箇所の補修費用が発生する場合があります。

※変動金利は、平成28年9月時点の某金融機関の金利を参照しています。

既存住宅売買瑕疵保険が利用できるか 専門家に聞く(名古屋圏のみ)▶

ケーススタディ③ 耐震基準適合証明書を取得した場合

ケーススタディ④  耐震基準適合証明書を取得しなかった場合

ケーススタデイ③・④の注意点

※住宅ローン減税・・・中古住宅購入の場合、入居したその年から10年間で最大200万円の控除が受けられます。住宅ローンの年末の借入額(上限2,000万円)のうち1%が所得税から控除される。

※住宅ローン減税の額は、年収、扶養家族、借入金額、ローン金利、返済年数などで変わってきます。住宅ローン減税額のシュミレーションは こちら から

※一戸建ての場合、築20年を超える住宅、マンションの場合は、築25年を超えるマンションで耐震基準適合証明書を取得すると住宅ローン減税が受けられます。

※上図において耐震基準適合証明書発行手数料は70,000円で記載しています。発行者により手数料が変わってきます。

※現行の耐震基準に満たない場合、耐震改修補強工事が必要となる場合があります。

※変動金利は、平成28年9月時点の某金融機関の金利を参照しています。

耐震基準適合証明書取得時の注意点は こちら から

耐震基準適合証明書の取得ができるか 専門家に聞く(名古屋圏のみ)▶

TOP

Copyright (C) HI ASUNARO OFFICE.
All Rights Reserved.

お申し込み お問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました