ホームインスペクション時の不具合・劣化事象を紹介

検査・診断事例紹介

排気ダクトの逆勾配

完成した住宅の1階の天井裏は、UBの点検口からしか確認できないことが多いです。 写真では、UBの浴室換気乾燥機のダクトが外壁に向かって配管されていますが、この配管のやり方ではいけません。フラット35技術基準、木造住宅工事 …

基礎のジャンカ

基礎の型枠が外された時に、コンクリートに「ジャンカ」がないかチェックしましょう。 「ジャンカ」とは、基礎コンクリートの一部に粗骨材(砂利)が集まってしまい空隙となってしまった不良部分をいいます。「豆板(まめいた)」とも言 …

壁断熱材の防湿フィルムの破れ

上の写真は、建築中の断熱検査における不具合事象の一例です。 室内側の断熱材の防湿フィルムが破れたままになっています。このままプラスターボードを貼ってしまうと一体何が起こるかわかりますか?そう『内部結露』が発生する可能性が …

基礎立上りのスリーブ管と鉄筋のかぶり不足

コンクリート打設前の住宅基礎の立上り配筋部分には、写真の様な設備配管を通すためのスリーブ管が設置されていることが多いです。 写真内のスリーブ管はスリーブホルダー(白いプラスチック製の固定具)で設置され一見正しく施工されて …

天井断熱材の隙間

新築一戸建ての小屋裏詳細調査のため、小屋裏に進入するとおよそ8割くらいの確率で天井断熱材に隙間(上の写真)が発生していたり、正しく設置されていない光景をよく目にします。 隙間がよく発生している箇所は次のとおりです。 1. …

筋交い固定金物の固定ビス忘れ

木造住宅(在来工法)の筋交いは、地震や暴風等、水平力を受けたとき建物(壁)の変形を防止するため必要となってきます。 そして、柱と筋交いの接合箇所(写真参照)には、設計で指定された接合金物を取付けます。金物を用いて柱や梁に …

新築マンションの換気ダクト固定不良

マンションの天井裏を確認できる場所は、ユニットバス(以下UB)の点検口からだけです。UBの天井には必ず点検口が設置されているため内覧会の際には、この点検口から天井裏を確認することも必要です。 ただし、天井裏を確認する場合 …

基礎コンクリートの剥離(剥がれ)

築39年の中古住宅の床下に進入すると、コンクリートが今にも剥がれ落ちそうな箇所をあちらこちらで発見しました。写真でもわかる様に広範囲でコンクリートが剥離しています。 この様な基礎の状態では、構造上の強度はほとんど期待する …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 検査・診断事例紹介 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.