名古屋の住宅診断ならHIあすなろ事務所

2件目診断0円! [ 対応エリア ] 愛知県・岐⾩県・三重県・⻑野県

0120-959-668

平 日/9:00~18:00(水曜休)
土日祝/10:00~17:00

お申し込み お問い合わせ

家づくりの前に知っ得情報!

子育てママさんのための5つの家づくり準備法

家づくりの前に知っ得情報!

はじめに

あなたは自分の時間って今ありますか?

色々やること考えることが多くて「自分の時間なんて持てないッ!」って思われたのではないでしょうか?

でもちょっと待って下さい!!

そんな事では夢のマイホームをゲットできる日がいつになるか分からないですよ!

うちの奥さんは、昨年第二子を出産し、子育て、家事と多忙な日々を過ごしています。かねてから「やりたい、やりたい」と言っていたブログをとうとうやり始めたのです。更新頻度は1週間に1、2回程度ですが・・・

しかし、これはスゴイことだと私は思います。

今までやらなかったこと、できなかったことをやっているんですよぉ! 

あなたもその気なったら自分の時間なんて作ることができるようになるのです。

今までとはチョット違った時間の使い方を知ることで、夢のマイホームのことを考える時間が増え、手に入れることがそんな難しいことではないとわかれば、毎日の暮らしが変わり楽しくなるかもしれません。

お忙しいあなたのために、今からできるかんたんな家づくりの準備法をぜひやって頂き、マイホーム購入の第一歩を踏み出してもらいたいと考えたのです。

難しく考えないでまずは実践することが重要です。とにかくはじめてみましょう!道は開けてくるはずです。

あなたの家づくりのスタートのお手伝いができれば嬉しく思います。

準備法1 家事の時間に家づくりのヒントがある

あるアンケート結果では、1日にもっとも多くの時間を費やしている時間が家事となっています。次いで子供と遊ぶ時間、仕事をする時間が同じくらいで、自分の趣味などに時間をかけているママさんはそんなにいませんでした。

アンケートの結果からもやはりママさんは、家族のために1日のほとんどの時間をかけていることが分かります。

そこで、一番時間をかけている家事に注目してみます。家事には、料理、洗濯、掃除などがありますよね。それぞれの時間の中で未来のあなたのマイホームでの自分の行動をイメージすることが家づくりをするにあたり非常に重要になってきます。

料理の時間では、何がどこにあったら使いやすいか?を考えてみて下さい。

例えば、冷蔵庫の位置はキッチンの隣にあったら使いやすいなぁとか、後ろのこの位置にあったらどうだろうなどとイメージしながら料理の時間を過ごせば使い易さを優先したキッチンのスタイルがあなたの頭の中でイメージが確立してくるのです。

洗濯や掃除をする時もしかりです。自分が動きやすい、使いやすい動線(移動する経路)をイメージすることが、実際の間取りを考える時に非常に役立ってきます。

またお子さんが小さい時は、常時姿を目に入れておきたいものです。いつでも視界に入る所にいてくれれば、落ち着いて家事をすることができます。

ではそんなプランはどうなんだろう?

イメージして下さい!実践して下さい!!きっとあなたにピッタリのプランが徐々に形づくられてくるはずです。

準備法2 家族の団欒の時にマイホームの話を

あなたは家事で忙しく、ご主人も仕事で忙しいというご家庭が多いことと思います。

そんな忙しい日々の中、あなたが家族と一緒に過ごす時間は1日にどのくらいですか? そんな時間決めてもいないし、気にしたこともないから分らないと言われてしまうかもしれませんね。

実は、ほとんどのご家庭で1時間以上家族団欒の時間が持てているようで、2時間以上はあるよッという方も結構います。

ではこの家族団欒の時間は、お子さんとのんびり過ごしているのか?それとも夫婦のたわいもない話で終わってしまっているのか?振り返ってみて下さい。団欒といえどももったいない時間の使い方をしていませんか?

よく考えてみて下さい!この団欒の時間は、ご主人にマイホームのことを切り出す絶好のチャンスではありませんか?5分でも10分でも将来のマイホームについて語ってみてはどうでしょう?

毎日続けることでマイホームにさほど興味を抱いていなかったご主人の頭の中に「もうそろそろ家を建てなきゃなぁ・・・」なんて思いや考えが芽生えたり、刷り込まれていくはずです。

マイホームを購入するためには家族とのコミュニケーションが一番大切です。長い時間をかければかける程、理想のマイホームはより現実化していくのです。今から是非はじめてみて下さい。

ここで一つ覚えておいて下さいね。お子さんの歳が低いほど団欒の時間は長く、お子さんが小学生になってくると短時間になる傾向があるようです。お子さんが小さい時から始めることが一番ではないですか?

準備法3 家族が集う場所、そこはリビングです

「家族で過ごすのはどこですか?」という質問をすればきっと「リビング」とお答えになるご家庭が圧倒的に多いと思います。

しかし現在のリビングに満足していますか?とお聞きすると「No」という返事が返ってきそうですね。

おそらく今のリビングに物足りなさを感じていることが原因なのでしょう。

今の住まいで「広さ」、「明るさ」、「風通し」の良さなど、リビングに必要とされるこれらの要素に満足しているママさんはやはり少ないのです。

家づくりを考えた時、家族が集う場所「リビング」をまずどこに配置させるか、どのような空間にするかといったコンセプト(あなたの主張)があれば、きっとあなたの家づくりは正しい方向に向かっていくものと思います。

もっとも長く時間を過ごすことになる場所、ゆったりとしたリビングには、自然と家族が集まってくるものです。

「リビングを制する者は家づくりを制す」と言ってもいいでしょう。

リビングで過ごしやすくできる工夫を情報誌やインターネットなどで日ごろから調べたり、考えたりすることができれば、家族との時間がもっと増やすことができる「リビング」にきっと出会えるはずです。

準備法4 平日、家族が過ごす一番多いシーンから

平日、家族と過ごす時間は食事の時が最も多いようです。つづいてテレビやビデオ観賞などの娯楽でも多くなってきます。

あなたの平日はとても忙しいですから、家族は食事の時に一緒に過ごす時間が一番長くなるのは当然のことでしょう。この食事の時間は将来のマイホームではもちろんダイニングで過ごすことになってきます。

このダイニングもリビングと同様、平日、家族が一番一緒に過ごす場所であることから家づくりでのウェイトはかなり重くなってきます。

ダイニングはキッチンとリビングをつなぐ中継地点みたいなものですから、注意して考えないとあなたにとって少々使い勝手が悪くなってしまうことがあるかもしれません。

例えば、キッチンを独立させ、そのキッチンとダイニングテーブルを一体化させるプラン(オープンキッチンとかアイランドキッチンなどという)を採用すれば、料理中でも家族との会話ができたり、お子さんをダイニングで遊ばせておけば目がとどき、料理にも集中できるかもしれません。

また大型のダイニングテーブルを置くことで、家族との食事だけでなくお子さんの勉強スペースや来客時に使用できるスペースとして利用幅がかなり拡がってきます。

いずれにしろ、ダイニングという空間はリビングと同様にコミュニケーションの場であると同時に家事の空間でもあるため、あなたが動きやすいスタイルにしなければならないことは想像つきますよね。

キッチンはキッチン、リビングはリビングと別々に考えず常にダイニングとの連携を意識することを忘れず考えて下さい。そうすればきっとあなたの家づくりにおけるダイニングは、魅力ある空間になることでしょう。

準備法5 休日、家族一緒に過ごすシーンから

あなたはお休みの日はどのように過ごされることが多いですか?やはり家族で出かける方が多いのではないでしょうか?

毎週ということはないにしても、普段仕事で忙しいご主人も、休日は一緒に過ごすことができるのですから、ドライブや買い物など、家族で外出する機会も多くなることでしょう。

突然ですが、この外出時の行き先は誰が決めることが多いですか?

ご家庭によって色々かもしれませんが、もしあなたでなければ一度その行き先を提案してみて下さい。その時にはある場所を必ず取り入れる様にして下さいね。それは、もちろん住まいに関わる場所です。そう○○ハウジングセンターなどといった住宅展示場です。

住宅展示場では毎週末何らかのイベント(例えばキャラクターショーなど)が開催されていることはご存知ですよね。よってお子さんも十分楽しめる場所となるので手軽な行き先としてはご主人にも提案しやすいのではないでしょうか?

今はまったく家づくりを考えていないご主人にとって、家づくりのいいキッカケになるかもしれません。夢のマイホームを手に入れるためにはご主人をいかに『動機づけるか?』にかかってきます。

また家づくりとは何か?と下見をかね、知識の習得や実際の建物を体感することは貴重な体験となります。後々のあなたの家づくりにもきっと生かされてくることでしょう。

ぜひ住宅展示場へ足を運び、家づくりのチャンスを掴み、またイメージを拡げてきて下さい。

以上、いかがでしたでしょうか?

毎日の暮らしの中で、いつでもあなたは家づくりを始めることができるのです。冒頭にも記述しましたが、まずは始めてみる、やってみることではないでしょうか?

きっとあなたは近い将来家づくりをスタートさせることができ、家族との楽しい時間をいっぱい過ごす事ができるマイホームを手に入れることができるのです。

TOP

Copyright (C) HI ASUNARO OFFICE.
All Rights Reserved.

お申し込み お問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました