名古屋の住宅診断ならHIあすなろ事務所

2件目診断0円! [ 対応エリア ] 愛知県・岐⾩県・三重県・⻑野県

0120-959-668

平 日/9:00~18:00(水曜休)
土日祝/10:00~17:00

お申し込み お問い合わせ

家づくりのセカンドオピニオン

家づくりで予算オーバーしそうなときの対処法

資金計画

あなたが理想の家づくりをする際、または希望する物件を見つける際、どうしても予算オーバーになってしまうといった場面に遭遇する可能性は大いにあり得ます。

そんな時は、やはり希望する条件を見直す必要があるかもしれません。

ただ単純に物件、物件の規模を小さくしたりして購入価格を落とすだけではチョット寂しいものがありますよねッ。

今一度、あなたが譲ることのできない条件の棚卸をすることでコストダウンできる部分が見えてくるはずです。

では、コストを下げたいならば、どのような工夫をすればできるか?

注文住宅とマンション・分譲住宅の場合それぞれのケースで考えてみました。

【注文住宅】
間取りの見直し・・・平面形状で凸凹な間取りですと外壁の 面積が多くなったり、シンプルな建物では使わない材料が 必要となってきたりとコストUPになりがちです。面白味の無い 間取りとなってしまうかもしれませんが四角に近い建物ならば建築費は落としやすいです。

建築材料の変更・・・家づくりにこだわりのある人は様々な資材を使う傾向にあります。極力仕様は統一しコストダウンを計りましょう。

設備の見直し・・・各設備は同じメーカーのものを使いましょう。トータルで値交渉してもらえばかなりの値引きが期待できます。また業者にすべてを任すのではなく、自分で調達することもアリでしょう。

【マンション・分譲住宅】
部屋の位置変更・・・マンションであれば上層階や角部屋が価格が高くなりがちです。特に大きなこだわりがなければ条件を下げることを考えてもいいでしょう。

値引き交渉・・・値引き交渉はぜひやってみるべきでしょう。

販売時期から・・・分譲マンションの場合、何回かに分けて分譲される物件もあり、販売当初のものが売れ残っていたりすることがあります。そういった物件はお値打ちかもしれません。

まだまだ他にも方法はあるはずです。万が一予算オーバーになった時の対策を今から立てておけば対処できますよね!!

 

TOP

Copyright (C) HI ASUNARO OFFICE.
All Rights Reserved.

お申し込み お問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました