名古屋の住宅診断ならHIあすなろ事務所

2件目診断0円! [ 対応エリア ] 愛知県・岐⾩県・三重県・⻑野県

0120-959-668

平 日/9:00~18:00(水曜休)
土日祝/10:00~17:00

お申し込み お問い合わせ

家づくりのセカンドオピニオン

予算オーバーになりやすい住宅の種類とは

資金計画

あなたにピッタリの住宅の種類はなんですか?

もしも既にあなたが購入を考えている住宅の種類が決まっているのであれば、その住宅購入にかかる費用はどれくらいかかる考えたことは当然あることでしょう。

住宅を購入しようとした時、次の住宅のうちから選択することがまず第一歩になってきます。

1.マンション

2.注文住宅

3.中古住宅

4.建売住宅

上記の住宅の種類のうち予算オーバーになりやすい住宅は何になるとお思いですか? マンションや建売住宅は既に完成し価格がある物件なので予算オーバーとなることは考えづらいですね。

しかし、注文住宅は、特に追加工事や設備のグレードUPで予算オーバーになりやすい住宅の種類となるので気を付けなければなりません。

そしてまた、中古住宅は場合によってはお金が想定以上に必要となる場合があります。

それは、購入後住み始めたら劣化がひどく改修しなければならない場合や購入前からリフォームを考えていたが、リフォームの予算が想定外の額になってしまったといった話をよく聞きます。住宅購入者の先輩型の失敗例も頭も中に入れ参考にして欲しいものです。

これから、住宅を購入するには土地や家の購入費だけでは済まないことを知る必要があります。また、購入時、購入後の支出を事前に整理しておくことが住宅購入では大変重要になってきます。

このことは、今後詳しくはお伝えしていきますね。。。

TOP

Copyright (C) HI ASUNARO OFFICE.
All Rights Reserved.

お申し込み お問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました