名古屋の住宅診断ならHIあすなろ事務所

2件目診断0円! [ 対応エリア ] 愛知県・岐⾩県・三重県・⻑野県

0120-959-668

平 日/9:00~18:00(水曜休)
土日祝/10:00~17:00

お申し込み お問い合わせ

家づくりのセカンドオピニオン

住みやすい家づくりをするための基本要素とは

設計

家の住みやすさというものは設計上、ある2つの要素で決まってしまうといっても過言ではありません。

それは何だと思いますか?

それは、

通風 と 採光  になります。

通風とは・・・通風とは、風通しのことです。日本の風土を考えた時、必ず通風を確保しなければ住みにくい家となってしまいます。

tufu

採光とは・・・採光とは外部から自然光を取り入れて、室内の衛生環境を維持する為に必要な行為です。

saiko

家の中で通風をよくするためにはどうしたらいいかと申しますと対角線上に窓を設けるといいですよ。特に南北の対角線上に設けると更にグッドです。

最近の住宅は、断熱性や気密性が格段に向上していますので住宅内の湿気を排出するためには通風計画が非常に重要になってきています。

では、採光を確保するためにはどうしたらいいのでしょうか?具体的な方法を紹介しておきます。

1.吹き抜けの設置

2.天窓の設置

3.中庭の設置

などがあります。

間取り考える際には、採用できる要素は取り入れて明るい空間を造りましょう。そうすれば住みやすい家づくりの第一歩となるはずです。

 

TOP

Copyright (C) HI ASUNARO OFFICE.
All Rights Reserved.

お申し込み お問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました