名古屋の住宅診断ならHIあすなろ事務所

2件目診断0円! [ 対応エリア ] 愛知県・岐⾩県・三重県・⻑野県

0120-959-668

平 日/9:00~18:00(水曜休)
土日祝/10:00~17:00

お申し込み お問い合わせ

家づくりのセカンドオピニオン

間取りを考える時重要なこと

設計

間取りを考える場合まず初めにやらなければいけない事は『ゾーニング』と言われるものです。

『ゾーニング』とは、間取りのプランニングのため、用途や機能等の観点から居住ゾーンを区別することです。

そしてゾーニングと同時に考えなければいけないのが『動線』となります。いままで聞いたことがあるかもしれませんね?

『動線』とは建物の中を、人が自然に動く時に通ると思われる経路を線であらわしたものです。

今日は『動線』についてお伝えします。

動線には家事動線、生活動線、来客動線と主に3つの動線があります。下の間取り図でそれぞれの動線を描いてみるとこんな感じになります。

plan02
家事動線(赤線)・・・料理、洗濯、掃除などで動く線

生活動線(青線)・・・家族が生活するために動く線

来客動線(紫線)・・・来客が動く線

家族の動きや生活パターンを想定し動線計画を行い、間取りを考えなければなりません!

 

TOP

Copyright (C) HI ASUNARO OFFICE.
All Rights Reserved.

お申し込み お問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました