名古屋の住宅診断ならHIあすなろ事務所

2件目診断0円! [ 対応エリア ] 愛知県・岐⾩県・三重県・⻑野県

0120-959-668

平 日/9:00~18:00(水曜休)
土日祝/10:00~17:00

お申し込み お問い合わせ

家づくりのセカンドオピニオン

戸建住宅の工法と構造の特徴とは

一戸建て

戸建住宅には様々工法があることをご存知でしょうか?既に家づくりの準備を始めているあなたなら直ぐにおわかりかもしれませんね?

大きく分けると次のようになります。

①木造

②鉄骨造(S造。S・・・steelからきてます)

③鉄筋コンクリート造(RC造。RC・・・Reinforced-Concrete
(補強されたコンクリート)からきてます )

の3タイプに分けることができるでしょう。

さらに、①木造は、

A:在来工法(軸組み工法)

001

B:ツーバイフォー(2×4)工法

002

C:木質パネル工法

003

②鉄骨造では、、、

A:軽量鉄骨造

004

B:重量鉄骨造

005

③鉄筋コンクリート造では
A:ラーメン構造     B:壁式構造

006
などに細分化できます。

上記の工法にはそれぞれ特徴やメリットデメリットがありますので今日は特徴別にどの工法、構造が当てはまるのか紹介しておきますね。

・工期が短い・・・ツーバイフォー工法、木質パネル工法、軽量鉄骨造、重量鉄骨造

・施工が簡単なので施工精度が高い・・・ツーバイフォー工法、木質パネル工法、軽量鉄骨造、

・規格化されていて狭小地に向かない・・・木質パネル工法

・建築費が高くなりやすい・・・軽量鉄骨造、重量鉄骨造、鉄筋コンクリート造

工法・構造を選ぶ時には、工期や予算など気にしがちですが、一番優先させたいメリット(性能)が何なのかを考えて決めていくといいと思います。

 

TOP

Copyright (C) HI ASUNARO OFFICE.
All Rights Reserved.

お申し込み お問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました