名古屋の住宅診断ならHIあすなろ事務所

2件目診断0円! [ 対応エリア ] 愛知県・岐⾩県・三重県・⻑野県

0120-959-668

平 日/9:00~18:00(水曜休)
土日祝/10:00~17:00

お申し込み お問い合わせ

家づくりのセカンドオピニオン

地盤調査で良好な地盤だったが地盤補強は必要なのか?

土地購入

現在、住宅を建てる前に、地盤調査をすることは義務化(2000年の法改正により)されています。この地盤調査には色々な調査法があるため、各調査の特徴を把握しておくことも今後住宅を建てる上では重要になってきます。

では、どんな調査法があるのか?

・スウェーデン式サウンディング試験
戸建て住宅で今最も利用される方法です。どのような方法で調査するかはここでは割愛しますが、この方法では、土の固さや締まり具合を判定します。

・標準貫入試験(ボーリング調査)
地面に穴を開けて一定の深さごとに土を採取し地層の深さ、地層の構成、地層の強度を調査します。、スェーデン式サウンディング試験より信頼性が高く、一般的に大規模な建物に採用されます。

・表面探査法
起震機といわれる機器により表面波を地中に送って、地中からの反射波を受信して地盤の支持力を算出する方法。スウェーデン式サウンディング試験より正確な調査結果が得られる。

戸建て住宅で最も利用されている試験法は、スウェーデン式サウンディング試験なのですが、これは比較的調査が簡単で費用が安価であるといったメリットから採用されることが多いのかもしれません。

近年の宅地は、切土、盛土による造成や、田んぼを埋め立てたことによる宅地が多くなってきています。こうした土地は今まで宅地とされ利用されてきた土地とは違い、地盤の評価が難しくスウェーデン式サウンディング試験では、今まで宅地として利用されてきた土地と同じような地盤のデータが出たとしても、沈下のリスクというものが非常に高くなるそうです。

よって、スウェーデン式サウンディング試験で良好な地盤だと判定されたとしても、その土地が現在に至るまでの過程(土地の成り立ち)がわかっていなければ、地盤改良といった基礎を補強する工事が本当に必要ないのかどうかということは判断が難しくなります。

であれば、地盤調査は標準貫入試験(ボーリング調査)によるデータが一番信頼できるため、お薦めしたい調査法だといえます。ただし費用は若干割高になってしまいますが・・・

TOP

Copyright (C) HI ASUNARO OFFICE.
All Rights Reserved.

お申し込み お問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました