名古屋の住宅診断ならHIあすなろ事務所

2件目診断0円! [ 対応エリア ] 愛知県・岐⾩県・三重県・⻑野県

0120-959-668

平 日/9:00~18:00(水曜休)
土日祝/10:00~17:00

お申し込み お問い合わせ

家づくりのセカンドオピニオン

土地購入の契約前に必ずチェックしたい項目とは

土地購入

土地も購入前に診断が必要な時代になってきたと思う今日この頃。

購入予定の土地調査の依頼を頂き、お客様とお話をしてみるとお客様は、近隣のこと、地盤のこと真剣に土地購入地の問題点を事前にクリアにしておきたいと考える方が多い様に感じます。

家づくりを考えた際、土地探しから始められる人は多いと思います。皆さんは土地の特性で一番重要視するポイントは何ですか?

人それぞれ重要視するポイントは違うでしょうが、今日は、私が推奨する注意点を5点紹介したいと思います。

この5点は契約前に必ずチェックして頂きたい項目なので頭の中に叩き込んでくださいね!!

①宅地であるか

②隣地や道路との高低差がないか

③インフラ整備されているか

④地盤は良いか

⑤各規制地域であるか

上記①②を見て共通している点があることに気付きましたか?

そうです。2点とも建築費用以外に別途費用がかかってくる可能性が高いということです。思わぬところでの予算オーバーは避けたいですよね。

<解説>
①例えば希望地の地目が農地であれば、農地転用申請というものが必要となります。そしてまた農作物の撤去費用や畑土などの処分費、また埋め立てに関わる費用が発生することが考えられます。そうそう、地目変更登記費用も見ておく必要がありますね。

②隣地境界線沿い、道路境界線沿いで1mを超える高低差がある場合は、擁壁(土留め)工事の費用が割高になる可能性があります。

③インフラとは上水道、下水道、電気、ブロードバンドの各設備等ですね。前面道路にこれらの設備が来ていないと新たな設備工事費が発生します。下水道がない場合は、浄化槽を設置すればいいと思いがちですが、長い目で見ると、定期清掃・点検などの維持費がかかってきてしまうこともあり注意が必要です。

④軟弱地盤ですと、基礎を補強する工事が発生します。木造等重量の軽い建物なら費用は安く抑えれるかもしれませんが、鉄骨造、鉄筋コンクリート造など重い建物ともなると高額な費用が発生する可能性があります。

⑤各行政により様々な規制がある場合があります。一般的に住宅を建てる場合、建築確認申請というものを行政に申請し許可をとります。この建築確認申請以外に各規制による申請業務があり、確認申請前に許認可を受けなければならないケースもあります。申請費以外にも規制に係わる付帯工事の発生により、更に費用がか嵩むなんてこともあるかもしれません。

まだまだ注意する点はありますが、この5つだけは必ずチェックしてください!

土地には様々な特性があるため、購入前にしっかり確認(調査)することをお薦め致します。

 

TOP

Copyright (C) HI ASUNARO OFFICE.
All Rights Reserved.

お申し込み お問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました