名古屋の住宅診断ならHIあすなろ事務所

2件目診断0円! [ 対応エリア ] 愛知県・岐⾩県・三重県・⻑野県

0120-959-668

平 日/9:00~18:00(水曜休)
土日祝/10:00~17:00

お申し込み お問い合わせ

家づくりのセカンドオピニオン

外壁はサイディングと吹付塗装どちらにした方がいいですか?

注文住宅

以前こんな質問を受けたことがあります。。。

Q.外壁は、サイディングと吹付塗装どちらにした方がいいですか?

機能的なことやお手入れ等、自分で調べても色々と情報があり過ぎてわかりません。好みで選んでしまっていいのでしょうか?

サイディングは、コストが安く耐久性が良いと言う情報が多かったようですけどどぉですか?

*****************************

A.サイディングと吹付け、外壁の仕上げの選択についても悩む所ですね。それぞれのメリット・デメリットを理解した上で最善の仕様を選択するよう心掛けましょう。

まず、耐久性の面から。。。

サイディング、吹付け共に塗料や塗膜材の種類によって、耐久性(塗り替えの時期)が変わってきます。

耐久性の高い順に、フッ素樹脂系(15~20年)、シリコン樹脂系(12~13年)、ポリウレタン樹脂系(8~15年)、アクリル樹脂系(6~10年)となります。

なお、耐久年数の幅は立地条件や外壁面別(東西南北)で異ってきます。

事前に耐久年数がどれ位の塗料を使用するか決定するところから決める必要がありますね。もちろん耐久年数が長い塗料の方がコスト高になることは言うまでもありません。

【サイディングで注意したい事】
版と版の継ぎ目のシール材は、通常7~8年程度で打ち替えする必要があり注意が必要です。シール材の切れ目、割れ目から雨水進入の危険性が高くなります。

【吹付けで注意したい事】
下地材がモルタル塗りの場合、必ずといっていいほどクラック(亀裂)が発生します。クラックが発生すると漏水リスクも高まり、漏水となった場合には、メンテナンスも大変になってきます。また美観上よろしくありませんね。

塗り替え、シール打ち替えの判断方法としては、外壁塗装面を指で触ってみて白い粉上のものが指に付いたら、その塗装は防水性能が低下していると思って下さい。

シールの場合は、クラック(亀裂)の発生の有無や硬化しているかどうかで判断できます。

次にコスト面ですが。。。

コスト面に関しても、仕様によってガラリと変わってくるためなんとも言えないのが正直なところです。

数パターンの比較検討が必要になってくるでしょう。一般的なものでしたら、コストの差はほとんど無い様に思います。

どちらを選択するかは非常に悩むところですが、個人的意見としては、デザイン優先なら、モルタル+吹付け塗装(ジョリパットなどの塗りもの)がいいと思います。ただし、仕上げの程度によりメンテナンス時期も変ってきますので注意して下さい。

サイディングは、デザインが限定されてしまいますが、施工品質はモルタル吹付け等よりも上と考えます。メンテナンスを優先させるならサイディングの方がいいかもしれません。

仕様を決めることは本当に大変だと思いますがじっくり検討してみて下さい。

TOP

Copyright (C) HI ASUNARO OFFICE.
All Rights Reserved.

お申し込み お問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました