名古屋の住宅診断ならHIあすなろ事務所

2件目診断0円! [ 対応エリア ] 愛知県・岐⾩県・三重県・⻑野県

0120-959-668

平 日/9:00~18:00(水曜休)
土日祝/10:00~17:00

お申し込み お問い合わせ

お役立ち情報

建築条件付き住宅で失敗しない方法

土地購入

戸建住宅には、注文住宅、建売住宅があります。

実は建売住宅も細分化できて、『一般の建売住宅』、『建築条件付き住宅』、『借地権付き住宅』と分けることができます。

では、2番目の『建築条件付き住宅』は、どのような住宅なのか?

土地の購入後、その土地に売主又は売主の指定する建築会社と工事請負契約を結ぶ条件付契約が付帯されているのが『建築条件付き住宅』となるのです。

よって、建築条件付き住宅の場合、気に入った土地を購入できたとしてもあなたが希望するHMや工務店で建てることができないという制限があります。

とはいえ、建物の仕様などは決まっていないので、間取りなどは希望するプランにすることは可能です。

施工業者にあまりこだわらない人や、少しは新しい住まいに希望を取り入れたいなぁと考えている人には、一般の建売住宅とは違っているため、楽しく家づくりができるかもしれませんね!!

建築条件付き住宅は、土地の売買契約を済ませた後、一定期間にプランを決め、工事請負契約を結ぶ必要があります。一般的に3か月程度の期間が設定されています。

「結構、時間があるなぁ」と思った方、「短いなぁ」と思った方それぞれお見えになることでしょう。

3ヶ月ではなかなか納得するプランを作成することは難しい様な気がします。間取りから仕様などあれこれ考えていると3ヶ月はあっという間に経ってしまいます。

またプランはできたものの予算がオーバーしようなら目も当てられません。

こんな危険性があるのが、建築条件付き住宅 なのです。

もし建築条件付き住宅を選択するならば、計画的に進める必要があります。

例えば・・・
間取り:1ヶ月、仕様:1ヶ月、予算調整:1ヶ月 という感じでしょうか・・・

また標準プランが用意されている場合もあるでしょうから、その中から選んでみたり、少し自分好みに変えてみるという方法もいいかもしれません。

ちなみに借地権付き住宅は、地主の土地を借りて建てた住宅のことです。よって、建物の所有者と土地の所有者は異ってきます。定期借地権付き住宅とは借地契約期間の満了とともに、原則、更地にして土地所有者に返還しなければならない借地権付き住宅です。これは一般的に50年間の期間となります。

 

TOP

Copyright (C) HI ASUNARO OFFICE.
All Rights Reserved.

お申し込み お問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました