中古住宅を買った後のリフォーム業者の選び方

最近は、新築物件にこだわらずに“中古”の一戸建てやマンションを購入して自分のライフスタイルに合せ住まいをカスタマイズする方が増えています。

“住まいをカスタマイズ”っていうと聴こえがイイですね。一般的にはリフォームとかリノベーションといいます。

リフォームを前提で中古物件を購入するケースでは、見学時に仕上げや設備など表面上のことばかりにとらわれず、基礎や外壁、そして屋根などの構造に関わる部分にも気を使いたいところです。こうした部分は専門家におませした方が安心できます。

購入後、リフォームの方向性が決まったら、今度はリフォーム業者を探さなければなりません。このリフォーム業者を探すのが結構難しいかもしれません。

リフォーム内容や予算的な問題、様々な要望を聞いてくれる業者を見つけることさえできれば、中古物件の購入は満足いくものになるはずです。

リフォーム業者を選定する場合、次のポイントに注目して下さい。

◆会社の評判がいいか。

◆長期間に渡り営業しているか。

◆要望を直ぐに理解してくれるか。

◆見積内容が細かく記載されているか。

◆社内の雰囲気、社員の対応がよいか。

安心できるリフォーム業者の選び方は、知り合いの工務店や知人の紹介が一番いいかもしれません。しかし、なかなか知り合いがというケースはないと思います。よってリフォーム会社を探すときにはインターネットを使って探してみましょう。

【お薦めサイト】
ハウスネットギャラリー 
リフォネット
ホームプロ

最近のリフォーム業者のレベルは玉石混交で、不良業者が非常に多いです。“悪徳リフォーム業者”という言葉もよく耳にします。では“悪徳リフォーム業者”の手口にはどの様な手口があるのか?

●値引き額が大きい。

●「キャンペーン中です」などと言って契約を急がせる。

●“無料診断”と言って安心させ、診断後に「シロアリいますよ」といった嘘の報告をし不安をあおる。

●見積を“一式”表示とし詳細を伝えない。

●とにかくしつこく勧誘する。

●営業マンがやす請け合いする。

悪徳業者にだまされない為には、『即決しないこと』です。自分一人で決めないで家族との相談もしっかり行って下さい。

リフォーム業者を選定する時に重要なことは会社規模ではなく、いかにお客様第一を考えているかという所ではないでしょうか。