0120959668
9:00~18:00(水曜定休) /土日祝 10:00~17:00
対応エリア : 愛知県・岐阜県・三重県・長野県
お問合せ
資料請求

page
top
新築住宅向け
注文住宅検査サービス(建築中検査)建築中のミス・施工不良を徹底排除

『注文住宅検査サービス』は、あなたのマイホームの着工から完成までの期間に、施工不良、手抜き工事、施工ミスなど将来重大な欠陥になり得る箇所がないかどうかを、住宅検査のプロが建築中の現場において第三者的立場で品質中心の住宅検査を行います。欠陥住宅への不安をお持ちの方にお薦めのサービスです。

★注文住宅検査サービス(建築中検査)の対象となる方★

  • 注文住宅の工事請負契約をした方。又は予定のある方。 契約後 契約前
  • 建売住宅の売買契約をした方。又は予定のある方。 契約後 契約前
  • 施工不良や手抜き工事などトラブルが心配な方。 契約後 契約前 着工前
  • ハウスメーカーや工務店等施工会社の対応に不安があり心配な方。 契約後 契約前 着工前
  • 既に着工済みで、当サービスを受けたい方。 着工済

工事着手前のシーンで・・・ こんな不安をお持ちの方に

  • 一生に一度の大きな買い物であるマイホームが欠陥住宅になったら…防止策は!?
  • 一戸建ての建築中に現場へ行って検査して下さいとよく言われるけど、何を見たらいいの?
  • 設計図と現場が一致してるかどうかなんて素人じゃ検査できないでしょ!?
  • 現場に監督さんがいない。ちゃんと職人さんはやってくれているだろうか?
  • 仕事が忙しくて、なかなか現場を見に行くことができない。だれか代わりに検査してくれる人は…
  • やっぱり建築中のミスや手抜きが心配だ!住宅検査会社に相談してみようかな?

このサービスを利用すると・・・あなたが得られる安心

  • 新築住宅の建築中に第三者による住宅検査を行うことで、欠陥住宅になる確率は確実に減りあなたの住宅購入は失敗しません。
  • 有資格者が、数百項目によるチェック項目をもとに、注文住宅等の建築中に第三者による品質を中心とした住宅検査を行うため安心できる。
  • 専門家が現場に入り、施工基準どおりか第三者の立場で検査する為、施工基準に準じたマイホームが間違いなく建ちます。
  • 第三者検査会社の検査員が現場に入ることは、施工会社にいい意味で緊張感を与え、品質向上の意識を高めることができます。
  • あなたの代わりに現場で住宅の品質を検査し、建築中の記録もしっかり残すことができます。
  • 検査後もご相談にお答えするアフターサービスをご利用頂けます。

住宅検査の必要性

新築住宅の建築中に民間の第三者検査会社に住宅検査を依頼する人はまだまだ少ないです。建築中の住宅検査の必要性がまだ認知されていないからでしょう。今、『何故、住宅の建築中に検査をする必要があるのか?』、『ハウスメーカーや工務店にまかせておけば大丈夫じゃないの?』なんてお思いになった方がみえるかもしれませんね。

では、何千万円もする大きな買い物である住宅購入、多くの方が一番重要な建築中に住宅検査をしないのは何故なのでしょうか?

  • 住宅の建築中が品質確保する為の重要な期間であることを知らないから・・・
  • 公的な第三者検査機関(保険法人など)が入るから・・・
  • 検査する必要がないと思うから(施工会社にまかせておけばいい)・・・
  • 自分で検査する術がないから・・・
  • 民間の第三者検査自体知らなかったから・・・etc
といった理由があると思います。

世間一般的に言われている欠陥住宅が、建築中の施工ミス、手抜き工事、施工間違いから生まれていることはあまり知られていません。ハウスメーカーや工務店にまかせておけば品質の高い住宅が完成するとお思いであるのなら、それは少し考え方を見直す必要があるかもしれませんね。住宅は人の手で造られる為、ミスや勘違いから思わぬ欠陥につながることがあることを知って頂きたいのです。

そうしたミス・間違い・手抜きといったものはやはり現場で経験を積んだ専門家でなければわからないことが多いのです。仮に住宅購入者が建物のことを勉強し建築中に自ら住宅検査をしようとしてもそれは少々難しいかもしれません。何故ならば建築は知識ばかりでなく経験も必要となってくるからです。ここで住宅購入者が、第三者的立場の専門家に依頼するといった選択肢があることを知っていれば、将来家族が笑顔で暮らしていける住宅を高い確率で手に入れることができるのです。


◆住宅検査(建築中)のメリット

  • 建築中に専門家が検査を行うことで、欠陥住宅防止となる。
  • 建築中に自分の代わりに専門家がチェックしてくれる。
  • 設計図書どおりの仕様で住宅が建つ。
  • 第三者が現場に入ることで施工業者の品質への意識が高まり、手抜き工事が減る。
  • 建築中の記録が残り、記念にもなる。また将来の売却時に住宅の履歴書として利用できる。
  • なんといっても、建築中、完成後において安心が得られる。
よって、住宅を安心して建てるためには、建築中に第三者による住宅検査が必要となってくるのです。

住宅検査の現状から

近年、国や自治体に登録した第三者検査機関(住宅瑕疵担保責任保険法人)によって、住宅検査が実施される様になりました。しかし品格法による「住宅性能表示制度」において住宅の現場検査は多くて4回まで、購入者がとても満足する住宅検査とは言い難く、施工不良、施工ミスなどによる後々のトラブル発生を未然に防止する為には物足りなさを感じます。

住宅購入者が住宅の完成後に確認できる部分は仕上がった部分だけです。住宅の強度および性能に関わる重要な部分は建築中にしか検査できません。住宅購入者のほとんどの方がそんな重要な部分を自分の目で見ずして住宅は完成していくのです。それは住宅購入者には検査をする時間や術がないという問題があるからです。よって建築中、住宅購入者に代わりプロの専門家が厳しく住宅検査を行うこととなれば、安心・安全に暮らす為の品質を十分確保できることは言うまでもないでしょう。

近年、ハウスメーカーや工務店は、利益重視で住宅を建設する傾向が強くなり、建築コスト削減に力を注ぐ様になりました。まず建築材料の大量仕入れにより、コスト削減を実施し利益を大幅にアップさせました。しかしこの不況の中、住宅販売数が激減すると次は人件費をカットするようになり、下請業者には厳しい単価で発注した為、住宅は短い工期で建てられていく傾向が強くなっていったのです。その結果、現場において手抜き工事、施工不良、ミスが発生し、欠陥住宅が完成してしまったという例は少なくありません。そうした中、施工会社は欠陥住宅を発生させまいと品質管理にも注力しますが、現在の住宅業界では一人の現場監督は数現場を掛け持ち、工期優先の管理を強いられ品質は二の次となってしまっているのが現状の様です。住宅購入者が要求する品質を満たす管理がなされている現場はほんの一握りしか無いのではないかと疑問を持ちます。

こうした状況のもと、私達建築に携わる技術者が住宅購入者向けの検査サービスを開始したことは必然であり、購入者にとって今後もその存在は必要不可欠なものになると考えます。しかし現在、民間の第三者における住宅検査は、世間一般の人達にはまだまだ認知されていません。欧米では、7~9割の購入者が快適な暮らしを手に入れる為、住宅検査の専門家を利用することが常識となっています。そして日本でも常識となっていくことでしょう。

住宅検査項目01.施工前チェック
01. 施工前チェック(オプション)
隣接地、現場整備、諸申請、建物配置、設計GL等の確認
住宅検査項目02.基礎補強
02. 基礎補強検査(オプション)
改良材、施工計画書、施工結果報告書等の確認
住宅検査項目03.基礎配筋
03. 基礎配筋検査(レギュラー・アドバンス)
鉄筋の種類・品質・あきかぶり・組立て状況、アンカーボルト・ホールダウン、スリーブ設置等の確認
住宅検査項目04.コンクリート打設
04. コンクリート打設検査(オプション)
打設時の流動性・締固め、配合計画書、スランプ、空気量、塩化物量、圧縮強度、型枠工事等の確認
住宅検査項目05.基礎完了・土台伏
05.基礎完了・土台伏検査(オプション)
出来型、ジャンカ、コールドジョイント、立上り天端精度、アンカーボルトの精度、基礎パッキング、土台継手等の確認
住宅検査項目06.建方06. 建方検査(レギュラー・アドバンス)
垂直、継ぎ手、金物筋交い耐力壁、防蟻処理等の確認
住宅検査項目07.屋根防水・外壁防水
07. 屋根防水・外壁防水検査(レギュラー・アドバンス)
ルーフィングの重ね代、下地の不陸、透湿防水シートの重ね代、破れ、ダクト廻り処理、先張り防水シート等の確認
住宅検査項目08.断熱材
08. 断熱材検査(アドバンス)
床・・天井の断熱材の種類・施工状況等の確認
住宅検査項目09.内部木造作
09. 内部木造作検査(オプション)
床鳴り、各下地、ボードの釘打ち間隔、枠材等の歪み・反り・傷・養生、施工状況等の確認
住宅検査項目10.竣工検査
10.竣工検査(レギュラー・アドバンス)
内装・住設機器の汚損・破損・設置状況、ホルムアルデヒド測定、各部の不具合、設備の作動等の確認

注文住宅検査サービス(建築中)で使用する検査機材

注文住宅検査サービス(建築中)の検査方法は、目視、触診、測定が中心となりますが、下記機材を併用して使用することで人間の感覚ではわからない建物の状態を客観的に診断することができます。弊所の検査が確かである理由はこうした高性能な機材等を使用しているところにもあります。
 

レーザーレベル

床、壁などの水平・垂直度の測定に使用し、傾きや倒れの有無を検査します。(基礎完了・土台伏検査、建方検査、内部木造作検査、竣工検査時に使用)

デジタル水平器

設備機器の据え付け、階段、建具枠など局所的な箇所の水平・垂直度、及びバルコニー床の勾配を計測します。デジタルで °又は%表示します。(建方検査、内部木造作検査、竣工検査時に使用)

木材水分計

床下や屋根裏等の木材水分量を計測します。木材の含水率を計測することで、材料不良・雨漏り・漏水・結露の発生の有無を診断します。(建方検査、竣工検査時に使用)

打診棒

床タイルや外壁タイル、基礎のモルタル塗りの浮きをチェックします。打診棒を転がし、音の違いを聞き分け浮きの有無を検査します。(竣工検査時に使用)

クラックスケール

基礎コンクリートや基礎モルタル塗りのクラック幅(ひび割れ幅)を測定し、補修の必要性の有無を検査します。(竣工検査時に使用)

アルミクロスロッド

基礎の鉄筋にクロスロッドを当てピッチを測定します。(基礎配筋検査時に使用)

点検鏡

サッシ廻りなど目視確認しづらい箇所をチェックします。(竣工検査時に使用)

赤外線サーモグラフィ

壁や天井の断熱材の欠損を熱画像の温度分布表示により対象物の温度分布を視覚的に見ることができ、温度異常から欠損の有無を特定できます。(断熱材検査、竣工検査時に使用)

コンクリート探知器/鉄筋探査(オプション検査)

鉄筋・非鉄金属・塩ビパイプ・CD管・電線・木材などが探知できます。最大探知深さが150mmで、主に鉄筋のピッチやかぶりが測定でき、筋交いの有無もわかる高性能探知機です。(竣工検査時に使用)

シュミットハンマー(オプション検査)

コンクリートに打撃を与え、返ってきた衝撃により強度を推定し、コンクリートの圧縮強度を測定できます。構造物に損傷を与えずにコンクリート強度の検査をします。(竣工検査時に使用)

ホルムアルデヒド測定器(オプション検査)

居室内のホルムアルデヒドを簡易測定します。(厚生労働省指定品)(竣工検査時に使用)
  • 1

    お問い合わせフォームにてお問い合わせ下さい。
    (※本サービスに限り、1回のみ無料で面談にて御相談いただけます。)

  • 2

    お問い合わせフォームにてご確認させて頂いたお客様には、メールにて御連絡いたします。

  • 3

    お申し込みフォーム にて正式にお申し込みください。

  • 4

    弊所よりサービスご利用についての詳細な御案内メールを送信いたします。
    (お見積書、検査回数、必要書類、注意事項、契約書雛形等)

  • 5
    下記資料のコピー及び関係書類を事前にメールまたはご郵送ください。
    1. 現地案内図 
    2. 建物配置図又は外構図
    3. 各階平面図
    4. 立面図
    5. 断面図
    6. 矩計図(かなばかりず)
    7. 仕上げ表・仕様書
    8. 各設備平面図(電気、給排水、ガス)
    9. 壁量計算書
    10. 構造図
    11. 建物概要書(用途地域・ 容積率・建蔽率等)
    12. 工事工程表
    13. 地質調査報告書
    14. 建築確認申請書(1~5面)
    15. 施工会社工事担当者様の御氏名、御連絡先(TEL番号、FAX番号、メールアドレス)が分かる書類
    ※ 初回書類送付時に揃わない書類については後日、メール又はご郵送にてお送りください。
    ※ 上記書類を郵送される場合は、郵送代はお客様にてご負担願います。
    ※ 手元に上記書類がない場合は、事前に施工会社様にお問い合わせ頂き取得してください。
    ※ 送付先はこちらまで
  • 6

    お送り頂いた資料を確認させていただきます。

  • 7

    施工会社ご担当者様に工程及び検査可否を確認後、検査を実施いたします。
    ※検査時にお客様、施工会社ご担当者様の立会いは必須ではございません。

  • 8

    各検査終了後に、施工会社担当者様へ是正箇所の案内と是正後の写真送付を依頼させていただきます。
    お客様にも検査終了毎にメールにて簡易の御報告をさせていただきます。
    施工会社担当者様より送付頂いた是正後の写真を確認後、お客様に是正完了の御報告をいたします。

  • 9
    サービス終了後すみやかに報告書を作成し、メールにて御報告いたします。
    ※竣工検査時の不具合箇所の是正後写真は、報告書に添付しない場合がありますのであらかじめご了承ください。
  • 10

    サービス終了後(報告書到着後)、サービス御利用料金をお振込み頂きます。
    ※検査コースによりお支払い回数が異なります。詳しくはお支払い時期を御確認してください。お支払い時期は こちら から。

キャンセルについて
サービス名  料金(税別) 
レギュラーコース(4回検査)おすすめ
基礎配筋検査+建方検査+屋根防水・外壁防水検査+竣工検査
180,000円
アドバンスコース(5回検査)人気No.1
基礎配筋検査+建方検査+屋根防水・外壁防水検査+断熱材検査+竣工検査
220,000円

注文住宅検査サービス(かんたん自動見積)

検査名 料金(税別)
着工前チェック(オプション)
20,000円
基礎補強検査(オプション)
30,000円
基礎配筋検査(レギュラー・アドバンス)
45,000円
コンクリート打設検査①(床版)(オプション)
25,000円
コンクリート打設検査①(立上り)(オプション)
25,000円
基礎完了・土台伏せ検査(オプション)
40,000円
建方検査(レギュラー・アドバンス)
45,000円
屋根防水・外壁防水検査(レギュラー・アドバンス)
40,000円
断熱材検査(アドバンス)
40,000円
内部木造作検査(オプション)
40,000円
竣工検査(レギュラー・アドバンス)
50,000円
検査時写真付き報告書(オプション)
40,000円
 
合計金額 円(税別)

レギュラーコース(4回検査)を“おすすめ”する理由

レギュラーコースは①基礎配筋検査、②建方検査、③屋根防水・外壁防水検査、④竣工検査の4回検査となります。基礎配筋検査及び建方検査は建物の最重要部分の躯体(構造部分)の品質確保が目的です。屋根防水・外壁防水検査は、雨を凌ぐ住宅の基本的性能を保持する為に必要です。完工検査は、不具合箇所を入居前に是正すること、仕上がり程度をチェックすることが目的となり後々のトラブル回避の為には重要な検査です。

第三者検査会社が4回検査に入るということだけで、他の工事の施工にも影響が及び全体的に品質を高める効果が非常に高くなってきます。

そんな理由からレギュラーコースをお勧めしております。レギュラーコース以上の検査回数であれば更に高い品質が確保できると考えます。

注意事項

    【一戸建て】
  • 延べ床面積135m2以下の料金です。135m2を超える場合、竣工検査のみ+500円(税別)/m2追加となります。
  • 消費税額は、調査日時点の消費税率に基づきます。
  • その他ご希望の検査回数、検査時期がございましたら別途お見積り致します。
  • 木造以外の構造の場合は、ご相談の上別途お見積りいたします。
  • 弊所が定める事業エリア外に付きましては別途お見積りいたします。
  • 上記の価格には、報告書作成費・交通費は含まれております。
  • サービス中のコースグレードUPも承ります。
  • レギュラーコースの竣工検査における床下検査・屋根裏検査は、各点検口から確認できる範囲の検査となります。
  • 竣工検査にホルムアルデヒド測定(5,000円(税別)/1部屋)を実施することも可能です。
    ホルムアルデヒド簡易測定の追加測定も可能です。
    2部屋目から、3,000円(税別)/部屋となります。
  • お客様、施工会社様の立会いは必須ではございません。
  • 事前に施工会社様に第三者検査が入る旨をお伝えしてください。
  • 事前に施工会社様に指摘箇所の説明、是正方法等の打合せが必要となることを お伝えしてください。
  • サービスには検査回数に応じてコース設定がしてあります。 コースにより検査項目が変わってくることをご了承願います。
  • サービスをご利用頂く方の個人情報等は秘密厳守とさせていただきます。

私がお応えします

Area | 対応エリア

対応エリア

愛知県(豊橋、田原除く)

名古屋市、春日井市、長久手市、尾張旭市、みよし市、日進市、瀬戸市、小牧市、江南市、岩倉市、犬山市、一宮市、稲沢市、あま市、清須市、津島市、愛西市、弥富市、半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、碧南市、豊明市、岡崎市、刈谷市、知立市、豊田市、安城市、豊川市、西尾市、蒲郡市、新城市、他近隣市町村

岐阜県(美濃地方)

岐阜市、大垣市、羽島市、瑞穂市、本巣市、海津市、山県市、各務原市、関市、美濃市、美濃加茂市、可児市、多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、他近隣市町村

三重県(北部)

桑名市、いなべ市、東員市

長野県(南部)

飯田市、阿智市、喬木村、南木曽町
他地域はお問い合わせください。
検査診断事例紹介
お客様の声
2件目診断0円
家づくりのセカンドオピニオン

page
top