dscf9535

コンクリート打設前の住宅基礎の立上り配筋部分には、写真の様な設備配管を通すためのスリーブ管が設置されていることが多いです。

写真内のスリーブ管はスリーブホルダー(白いプラスチック製の固定具)で設置され一見正しく施工されているように見えます。しかし、この施工ではNGです。

スリープホルダーが取り付けられている縦筋からスリーブまでは”かぶり”が確保されていますが、スリーブの上部の横筋にはベッタリくっついており、ほとんど”かぶり”が確保されていません。”かぶり”不足は、長期的にみると鉄筋の酸化を早め、基礎の強度を著しく低下させてしまいます。

建築基準法施行令 第七十九条に「鉄筋のかぶり」について、下記の様に規定されています。

『鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さは、耐力壁以外の壁又は床にあっては二センチメートル以上、耐力壁、柱又ははりにあっては三センチメートル以上、直接土に接する壁、柱、床若しくははり又は布基礎の立上り部分にあっては四センチメートル以上、基礎(布基礎の立上り部分を除く。)にあつては捨コンクリートの部分を除いて六センチメートル以上としなければならない。』

スリーブ箇所は塩ビの配管が貫通する訳なんですが、スリーブ箇所は外部に接しているものと見なし同様の”かぶり”を確保しなければならなく、写真の様な条件下では、上記の下線部の4cmの”かぶり”を確保する必要があるのです。

ただスリーブを付ければOKという施工法では困りませんか!?

配筋工事完了時に、現場に足を運んだ際には、この施工法だと将来鉄筋に影響がないのかという観点からチェックしてみると不具合と思われる箇所もわかります。現場でのチェックをお忘れなく!!

東京で注文住宅を建てるにあたり不安を感じる方は こちら

愛知・岐阜で注文住宅を建てるにあたり不安を感じる方は こちら