基礎の型枠が外された時に、コンクリートに「ジャンカ」がないかチェックしましょう。

「ジャンカ」とは、基礎コンクリートの一部に粗骨材(砂利)が集まってしまい空隙となってしまった不良部分をいいます。「豆板(まめいた)」とも言われ、コンクリート打設時の締固めに不良があると発生しやすい事象です。

現在の住宅の基礎は、ベタ基礎が主流です。ベタ基礎の場合、1回目に床スラブ、2回目に立上りと2回に分けてコンクリートを打設することが多いです。

よって、2回目の立ち上がりのコンクリートを打つときに、バイブレーターをかけ、ジャンカが発生しないよう注意してコンクリートを打つ必要があります。ベタ基礎では写真のような「ジャンカ」が発生しやすので気をつけたいところです。

「ジャンカ」が発生した部分は、コンクリートに空隙ができた部分と同じで炭酸ガスや水に対する抵抗性がなくなってしまいます。つまりコンクリートの中性化を抑える効果が期待できません。よって、もしジャンカ部分に鉄筋があるときには、早期に鉄筋が腐食(錆び)し始めるので、補修をしなければなりません。

写真の「ジャンカ」は、比較的軽度なものでしたが、ハウスメーカーにジャンカ部分をモルタル塗りで補修していただきました。

ジャンカの補修方法は、ジャンカの程度や深さで変わってくるため、程度や深さに対し適切な補修方法を選択することが重要となってきます。