中古マンションの賢い選び方

中古マンションはやはり新築マンションと比較すると割安感があります。住みたいエリアや部屋の広さを決めている人には選択肢が広がる可能性があります。

また、実際のものを見る事ができたり、取得後即入居が可能なケースもあり、取得計画が立てやすいというメリットもあります。

そんな中古マンションですが、買う前には注意しなければならない点が数多くあったのです。

例えば、マンションの管理状態。 築年数がある程度経っているため、建物の老朽化が進行しているはずです。こうした問題にしっかりと取り組んでいる管理組合であるかどうかという点も注意すべき点です。

中古マンション購入において、特に確認しておきたい事があります。

それはいつそのマンションが建設されたか?

建てられた時期は、購入しようとしている中古マンションに耐震性があるかないかがわかる大きな分岐点です。

建築基準法の耐震基準は、1981年(昭和56年)6月1日に改正されています。 この年以前に建設されたマンションは、耐震性に不安があるといっていいでしょう。

新しい基準が施行された後に建てられた建物は、一般的に「新耐震」と呼びます。

つまり、1981年5月以前に確認許可がされているマンションは耐震性が低い可能性があるため注意が必要です。この建物を一般的に「旧耐震」といいます。

この旧耐震のマンションは、耐震改修といった大規模な修繕が行われている可能性があります。大規模修繕が行われたか?その予定があるか?などについてチェックしておきましょう。

【中古マンションの選び方】
中古マンションを選ぶ際にはつぎのポイントをチェックしてみましょう。

◆管理状態・・・各種点検、清掃が行き届いているか。修繕計画、修繕積立金の管理。管理規約のチェック。など

◆構造・・・耐震性(旧耐震か新耐震か)。耐震改修の有無。外壁のひび割れの有無。など

◆入居者の雰囲気・・・問題のある入居者がいないか。廊下などにゴミ、ものなど散乱していないか。上階、左右の部屋からの生活音が極端に大きくないか。など

◆防犯関係・・・防犯カメラの設置の有無。オートロック設備の有無。外部からの侵入のしやすさ。外部からの視線がきにならないか。など