ホームインスペクション時の不具合・劣化事象を紹介
検査・診断事例紹介
  • HOME »
  • 検査・診断事例紹介 »
  • 注文住宅検査(建築中検査)不具合箇所事例

注文住宅検査(建築中検査)不具合箇所事例

排気ダクトの逆勾配

完成した住宅の1階の天井裏は、UBの点検口からしか確認できないことが多いです。 写真では、UBの浴室換気乾燥機のダクトが外壁に向かって配管されていますが、この配管のやり方ではいけません。フラット35技術基準、木造住宅工事 …

基礎のジャンカ

基礎の型枠が外された時に、コンクリートに「ジャンカ」がないかチェックしましょう。 「ジャンカ」とは、基礎コンクリートの一部に粗骨材(砂利)が集まってしまい空隙となってしまった不良部分をいいます。「豆板(まめいた)」とも言 …

壁断熱材の防湿フィルムの破れ

上の写真は、建築中の断熱検査における不具合事象の一例です。 室内側の断熱材の防湿フィルムが破れたままになっています。このままプラスターボードを貼ってしまうと一体何が起こるかわかりますか?そう『内部結露』が発生する可能性が …

基礎立上りのスリーブ管と鉄筋のかぶり不足

コンクリート打設前の住宅基礎の立上り配筋部分には、写真の様な設備配管を通すためのスリーブ管が設置されていることが多いです。 写真内のスリーブ管はスリーブホルダー(白いプラスチック製の固定具)で設置され一見正しく施工されて …

筋交い固定金物の固定ビス忘れ

木造住宅(在来工法)の筋交いは、地震や暴風等、水平力を受けたとき建物(壁)の変形を防止するため必要となってきます。 そして、柱と筋交いの接合箇所(写真参照)には、設計で指定された接合金物を取付けます。金物を用いて柱や梁に …

換気ダクトと透湿防水シート取合い部分防水処理なし

サイディング等の外壁材を貼る前に、透湿防水シート(以下防水紙)を建物の外壁すべてに貼る工程があります。 そして外壁には、換気ダクトや給気口、電気配管、電線等様々な部材が貫通する箇所がありますが、この貫通部分における防水措 …

構造用合板固定釘の施工不良

建築中の検査で必ずお客さまが依頼する検査に「上棟(構造)検査」があります。写真は、2*4工法の外壁部分に張られる耐力壁の固定釘打ち箇所を撮った写真です。 上棟検査では、在来工法の場合、金物や、筋交い、耐力壁などの施工のチ …

ベタ基礎のスラブ鉄筋かぶり不足

建築中の基礎配筋検査でよくある不具合にスラブ主筋の『かぶり不足』があります。 ”かぶり”とは、コンクリート表面から鉄筋までの距離で、コンクリートのアルカリ性によって鉄筋が錆びるのを防ぐ役目をしています。 よって、”かぶり …

サッシ廻りのシーリングクリアランス不足

外壁の検査をするとサッシと外壁との取り合い部分で写真の様な不具合をよく見かけます。 外壁材はサイディング。サッシとサイディングの取り合いに防水措置としてシーリングが施工され、一見正しく施工されているように見えます。しかし …

アスファルトルーフィングの葺き方に問題あり!

近年の住宅の屋根には、仕上げ材(瓦やスレート)の下に雨水や結露水、湿気を防ぐためにアスファルトルーフィングと呼ばれる下地材が張られるケースが多くなっています。 このアスファルトルーフィングには、施工法(敷き方)があり、弊 …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 検査・診断事例紹介 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.