ホームインスペクション時の不具合・劣化事象を紹介
検査・診断事例紹介
  • HOME »
  • 検査・診断事例紹介 »
  • »
  • 内覧会同行(新築一戸建て)不具合箇所事例

内覧会同行(新築一戸建て)不具合箇所事例

床コンクリートスラブのひび割れ(クラック)

新築の建売住宅の床下に進入すると写真のような事象に遭遇することがあります。 新築なのにもうひび割れ?と思われたことでしょう。こうしたひび割れはどのような原因で発生し、将来住宅にどんな影響をあたえるのか考えてみました。 住 …

基礎のジャンカ

基礎の型枠が外された時に、コンクリートに「ジャンカ」がないかチェックしましょう。 「ジャンカ」とは、基礎コンクリートの一部に粗骨材(砂利)が集まってしまい空隙となってしまった不良部分をいいます。「豆板(まめいた)」とも言 …

天井断熱材の隙間

新築一戸建ての小屋裏詳細調査のため、小屋裏に進入するとおよそ8割くらいの確率で天井断熱材に隙間(上の写真)が発生していたり、正しく設置されていない光景をよく目にします。 隙間がよく発生している箇所は次のとおりです。 1. …

外壁サイディング貼りでよくある施工不良

新築一戸建ての内覧会における検査では、まず建物の外回りを検査していきます。すると多くの物件で外壁サイディングの施工不良を発見します。 よくある施工不良は、上の写真の様にサッシ廻りでサイディング幅が100mm未満で施工され …

基礎貫通部の配管廻りの隙間

内覧会では住宅の各部屋のチェックが重要だと考えている方が多いかもしれませんね? しかし、建物の外回りも注意深くチェックする必要があります。例えば、ガス給湯器が設置されているのであれば、給湯器の下から覗いたり、又は配管カバ …

新築住宅で発生した基礎のひび割れ

新築一戸建ての内覧会同行サービスでは床下の詳細検査を依頼される方がほとんどです。 床下内にはキッチンに設置されている床下収納庫や洗面室の床下点検口から進入して基礎やスラブのコンクリート状態、床組みの状態、設備配管の状態な …

新築住宅で起こる床鳴りの原因でよくある事象

新築一戸建ての内覧会同行サービスでは、多くのお客さまが床下の検査は、床下に進入して隅々まで検査する「床下詳細調査」を依頼します。 床下に潜ると、床を支える〝鋼製束″と呼ばれる鉄製の支持金物や〝プラ束″と呼ばれる樹脂製の支 …

外壁ALC版の下端小口メッシュ筋の露出

近年、木造住宅の外壁にも多く使われはじめたALC。 ALCとは、「高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート」という意味で「Autoclaved Lightweight aerated Concrete」の頭文字をとって …

桁行き筋交い(雲筋交い)の未設置

木造在来工法の住宅検査で、桁行き筋交い(雲筋交い)が正しく設置されていないケースをよく見かけます。 この桁行き筋交いの設置は、『建築基準法施行令第46条の3』において「床組および小屋組の隅角には火打材を使用し、小屋組には …

換気ダクトとプラスターボード貫通部の隙間

新築建売住宅の内覧会でユニットバスの天井点検口から天井裏を確認する購入者はまずいないのではないでしょうか。写真は、そのユニットバスの天井点検口から天井裏を確認した時の浴室換気乾燥機のダクトが外壁へ貫通する部分を撮影した写 …

PAGETOP
Copyright © 検査・診断事例紹介 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.