ホームインスペクション時の不具合・劣化事象を紹介
検査・診断事例紹介

ホームインスペクション(中古一戸建て)劣化事例

基礎コンクリートの剥離(剥がれ)

築39年の中古住宅の床下に進入すると、コンクリートが今にも剥がれ落ちそうな箇所をあちらこちらで発見しました。写 …

バルコニー床のシート防水の浮き

現在、戸建て住宅のバルコニーで採用される防水工法は、FRP防水と呼ばれる防水工法がシェアを占めていることはご存 …

床下断熱材の脱落

左は築36年の中古住宅の床下の写真です。ご覧の様に床下断熱材が落ちてしまっています。 この物件は、売主側に仲介 …

基礎コンクリートのひび割れ(クラック)

気になる中古住宅を見学したとき、基礎のコンクリートにひび割れ(以下:クラック)が発生していたら、「この住宅は大 …

雨水の浸入による水染み跡

上の写真の様に、外壁においてサッシ廻りのコーキングや外壁目地コーキングが劣化し亀裂が発生すると建物内に雨水が浸 …

外壁目地のクラック(亀裂)

住宅の外壁の表面は、雨や風、太陽光による熱、紫外線などにより劣化していきます。また外壁ばかりでなく外壁版と外壁 …

くら金物が固定されていない!?

写真は、築15年の中古住宅の小屋裏をインスペクションしている際に発見した接合金物が正しく固定されていない欠陥事 …

PAGETOP
Copyright © 検査・診断事例紹介 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.