inspectionexample_used_mansion_photo03写真(上)は築21年の中古マンション、和室の押入天井についた水染み跡の写真です。インスペクションした部屋は8階建ての最上階、よって真っ先に雨漏りが原因で水染み跡がついたのではないかと診断しました。

しかし、UBの点検口から屋根裏の状態をみると屋根裏にはウレタン系の断熱材が吹かれていますが、特に雨漏りが発生した形跡は見当たりません。では何が、、、

屋根裏を見渡すとUBの換気ダクトが外壁に向かって配管されていることに気付きます。(写真(下))ちょうどこのダクトは押入の上部に配管されていることも確認できました。

inspectionexample_used_mansion_photo03_1上記の状況に依り依頼者には、水染み跡の原因は次の可能性が考えられるとお伝えしました。

1.UBから吸い込まれた水蒸気がダクト内で水になり、ダクトの接続部から漏水した。

2.冬場、外壁の換気孔からダクト内に冷たい空気が流入して、ダクト廻りの空気が冷やされダクト外側に結露が発生。その結露水が落下した。

こうした事象を発生させない為には、ダクトの接続を確実に行い、ダクト廻りには保温材を貼り付けるなどの対策が必要となってきます。

ホームインスペクションを実施することで、こうした事象の原因の可能性がわかり、購入前や購入後に詳細調査や対策もし易くなってきます。

東京で中古マンション購入時に建物状態に不安がある方は こちら
愛知・岐阜で中古マンション購入時に建物状態に不安がある方は こちら