ハウスメーカーに土地探しをさせるときの注意点

自分で土地を探す人、ハウスメーカー(以下HM)等の住宅施工会社に土地探しを依頼する人、土地探しには様々な形態があります。

土地をHM等に探してもらう場合、次の様なメリットがあります。

1.土地と建物を併せて考えることができる
HM等が土地探しから家づくりに参加してくれる場合、法規上の問題など様々な角度から土地の特性を見てくれるので、土地ばかりでなく建物への影響も同時に検討できるいった点が魅力の一つになります。

一方、不動産屋業者の多くは、土地を売ったり仲介するときには、消費者が希望する建物のことは無関心なケースが多いので、いいアドバイスは期待できません。

2.自分で探す労力が掛からない
HM等は、皆さんの希望する土地情報を収集してくれるため、自分で探す場合と比べると労力がかかりません。

一方、土地を自分で探す場合には、その土地の価格や特性を把握し、希望する建物が建てることができるかどうかといったあなた自身が調査する手間がかかってきます。

しかし、HM等に土地を探してもらう時にはもちろん注意すべき点もあります。

1.建物ありきの土地選びとなってしまう
HM等は、自社の工法や構造で建てられることができる土地を探してきます。基本的にHMの建物は、自由度が低いので、建物に合った土地選びとなることが多い様です。

2.HMを選択できなくなる。
HM等が探してきた土地で家づくりをしようとした際には、そのHMで住宅を建てなければなりません。これは暗黙のルールとなっているので気を付けて下さい。

HMが土地探しの依頼を受けた時には、おそらく契約を前提とした話が切り出されることが予想できます。HMも慈善事業で土地を探す訳ではないので当然のことです。

そのため、土地が決定してからは、数社でプランの作成や相見積といった比較検討することができないことは言うまでもありません。

よって、HM等に土地探しを依頼する時にはそのHMで家づくりをすることをあらかじめ決めておく必要性があるのです。

これから土地探しでは、迷うことが幾度となく訪れるかもしれません。その時には“どんな家が欲しいのか”に立ち帰えることができれば、その家にあった土地探しができるはずです。