道路後退(セットバック)とは?

購入検討している土地は巾何mの道路に接していなければならいでしょうか?

そうです。 4m です

しかし、接する道路の巾が4mに満たない土地もたくさんあります。このような土地では、道路の中心から2m後退したところを道路と敷地の境界とみなす「道路後退(セットバック)」が発生します。

ちなみに、道路の巾が4m未満の道路を42条2項道路(みなし道路)といいます。

上図の二点鎖線より上の部分の敷地は道路扱いとなり、建築物を建築できないばかりでなく、門や塀などの工作物も築造できなくなってしまします。

よって、「土地を買おう」、「中古住宅を買っていずれ建て直そう」と検討している方は、まず道路の巾が何mあるのかを必ず確認しなければなりません。

例えば、上図の様に道路巾2mの道路に接道している土地の場合、現状の道路境界線からのセットバックラインXの距離は、2.0mになります。

この土地の場合、道路を挟んで向こう側に川があります。この様に道路向こうが、川や崖などのケースでは道路の反対側の道路境界線から 4m セットバックしなければなりません。

上図の斜線部の面積が減少してしまうので土地面積は小さくなってしまいますねまたセットバックで削られた土地は敷地面積に含めることができないので、建ぺい率や容積率といった規制にも影響し希望する大きさの家を建てれない場合もでてきます。

セットバックが必要かどうかを気にしながら土地探しを行っていただきたいと思います。

では、セットバックで削られた土地はどうすればいいのでしょうか?

セットバック部の土地は行政に“買い取ってもらう”、“寄付する”ということが可能です。その時には行政の所有地であることを証明するため登記をしてもらうことが必要になってきます。そうすればセットバック部の固定資産税の納税義務は発生しません。

セットバックが必要な場合は、購入前に行政に道路巾やセットバック部分の土地の扱いをどうすればいいのかを必ず確認しておきましょう。