住宅性能表示制度の検査とは?

住宅性能表示制度ってご存知ですか?
知っている方は通です!

この制度は国交省により登録を受けた第三者機関が住宅の性能を客観的に評価します。この制度は、任意の制度となっています。利用する場合は費用がかかります。

では、何を評価するかというと下の絵に書かれた事項について評価します。(新築住宅の場合)

tyumom1201
※住宅性能表示制度パンフレット(発行:ベターリビング)より抜粋

この制度を使うメリットは次の様な事項が挙げられます。

≪メリット≫
①第三者機関による客観的評価が受けられる

②性能評価書の内容が契約書に活かせる

③万一の場合も、円滑迅速な紛争処理サービスがある

④耐震等級により、地震保険料の割引が受けられる

上記の住宅性能表示制度のメリット①で挙げた第三者機関による現場での検査は4回行われます。

検査のタイミングは、

1.基礎配筋時(鉄筋完了)

2.建て方完了時

3.内装下張り工事の直前(断熱材が見えている段階)

4.完了時

利用される方は、検査時に現場へ行って一緒に検査することをお勧めします!

tyumonlink