0120959668
9:00~18:00(水曜定休) /土日祝 10:00~17:00
対応エリア : 愛知県・岐阜県・三重県・長野県
お問合せ
資料請求

page
top
住宅ストック支援事業について
中古住宅購入時の住宅診断は補助金を活用しよう!

住宅ストック循環支援事業とは

住宅ストック循環支援事業(平成28年度第2次補正予算で措置)は、インスペクションを実施し、既存住宅売買瑕疵保険に加入する既存(中古)住宅の取得や、耐震性が確保された省エネ改修、一定の省エネ性能を有する住宅への建替えに対して、国がその費用の一部について支援する補助制度です。

※インスペクションとは・・・目視等を中心とした非破壊による中古住宅の現況調査を行い、構造安全性や日常生活上の支障があると考えられる劣化事象等の有無を把握しようとするもの。

良質な既存(中古)住宅の購入の要件

次の要件をすべて満たす場合、インスペクションやエコリフォームに対して補助金が国から支給されます。

  1. 若者(予算成立日(平成28年10月11日)において、40歳未満の者とする。)が、自ら居住する住宅として、既存(中古)住宅を購入すること。
  2. インスペクションが実施され、既存住宅売買瑕疵保険が付保されるものであること。
  3. 予算成立日(平成28年10月11日)以降に売買契約を締結し、事業者登録日以降に、既存(中古)住宅の引渡しを受けること。

補助事業者

補助事業者は、次のいずれかに該当する法人又は個人事業主とします。

  1. 既存(中古)住宅の販売又は媒介を行う宅地建物取引業者
  2. 既存(中古)住宅の建物状況調査(インスペクション)を行うインスペクション事業者

補助対象

  1. インスペクション
    依頼主に費用負担が生じるもの(自身が行うものは補助対象外)
  2. エコリフォーム
    「住宅のエコリフォーム」に定める内容によります。(本サイトでは詳細は省略)

補助額

  1. インスペクション
    5万円/戸
  2. エコリフォーム
    エコリフォームに対する補助額に定める額(本サイトでは詳細は省略)

補助事業の進め方と補助金交付に係る手続きの流れ


※上記は個人間売買で行われる場合のフローとなります。

申請期限等

個人間売買の場合

売買契約※ :予算成立日(平成28年10月11日)~遅くとも平成29年6月30日
住宅の引渡し※ :予算成立日(平成28年10月11日)と事業者登録を行った日のいずれか遅い日~遅くとも平成29年12月31日
事業者登録 :平成28年11月1日~平成29年3月31日
補助金交付申請※ :平成29年1月18日(予定)~遅くとも平成29年6月30日
完了報告※ :遅くとも平成29年12月31日まで
※事業者登録および事業登録以外の期限は、事業の実施状況を踏まえ、変更される場合があります。

ケーススタディ


※上記ケースは、検査費用:70,200円(税込)、保証料:90,240円(税込)の場合。

※保証料は、住宅の延床面積、保証期間(1年間又は5年間)、保証金額(500万円又は1,000万円)により異なります。
詳しくはこちらから

※検査費用、保証料は検査事業者により異なります。

資料

住宅ストック循環支援事業補助金事業概要の資料はこちらから


page
top